スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国に行ってきましたのです。

2010.10.12.19:41

3連休で、韓国に行ってきましたー。

今回は with 親 だったため、あまりハチャメチャしてません。

だからなんだか消化不良。


でも食事は相当たっぷり食べました。

帰ってきて太ってなかったの奇跡です。

マンドゥ鍋、キムチチヂミ、ソルロンタン、ダッカルビ、焼肉、カンジャタン、スンドゥブチゲ。

うふふ。


次は2月に韓国行く予定。

とりあえず食べたもののご報告まで。

スポンサーサイト

やっぱジェラートでしょ

2010.10.06.20:33

順番に書くのに飽きてきたので(笑)


イタリア行ったらやっぱり食べたいのがジェラート。

GIOLITTI(ジョリッティ)という結構名店らしいお店に行きました。

CIMG1698_convert_20101006201204.jpg

なんか歩いてたら、突然広場に出て、ここはどこだ?って地図を見たら、GIOLITTI近いし

GIOLITTIの看板まであるし行くっきゃないでしょ。


時間帯的に外はそうでもなかったけど、

中は激混雑でした。

先にお金を払ってレシートを買い

混雑した店内の中でケースに到達。

CIMG1699_convert_20101006201244.jpg


さっぱり系が食べたかったので Creme de limone と

大好きな Chocolate にしました。

CIMG1700_convert_20101006201403.jpg

若干食べかけの写真でごめんなさいw


ホントおいしかったです。

今までに食べたアイスの中で一番おいしかったかもー。

次の日にも食べてしまったくらい。

また食べに行きたいなぁ


ソウルにも支店があるみたいなんだけど、どこにあるんだろう。

とりあえず巨大 サンピエトロ大聖堂(後)

2010.10.05.19:02

クーポラ登りを終えた後は、そのままエレベーターで大聖堂の中に降りてきました。

ここはカトリックの総本山であります。

世界最大のカトリック教会だけあります。

バルダッキーノ。

CIMG1655_convert_20101005183946.jpg

クーポラの真下にあります。

とっても派手派手。当時は派手すぎると批判されたらしいですよ。ベルニーニの作品。

これ、高さ29mだそうです。


アレクサンドル7世墓碑

CIMG1659_convert_20101005184029.jpg

下の方の布っぽく見えるとこまで全部石!

感動的ですね。


大人気だった聖ペテロ像。

CIMG1660_convert_20101005184105.jpg

13世紀の作品だそうです。

いい国作ろう鎌倉幕府、だから日本だと鎌倉時代とか?

日本史疎いのでよくわかりませんが、カトリックを信仰されていると思われる方々は

皆さん列を作って足に触ろうとしていました。


ピエタ像。

CIMG1663_convert_20101005184135.jpg

一度壊されたことがあって以来、ガラスケースに入っていてちょっと寂しい感じです。

でもすごく美しいですね。

彫刻で布のドレープっていうか、布のやわらかさを表現するのがすごいなーって思います。



まさに、大聖堂でした。

そして、よく映画とかで見る懺悔の小部屋みたいのもあり、利用している人もたくさんいました。

さすが総本山ですね。


そして、警備をしていたスイス衛兵さんたち。

CIMG1665_convert_20101005184235.jpg

派手な制服。

映画にも出てましたね。

インパクト強い服です。

でも袖のふくらみ具合とかおしゃれ♪



次はサンピエトロ広場だー!



クーポラ登ろう☆ サンピエトロ大聖堂(前)

2010.10.04.20:11

韓国行くまでにイタリア旅行記が書き終わりません。

職場の旅行までには書き上げよう。


学生のときはお金なかったので結構我慢したのですが、

社会人になってからは登れるとこには登ってます。

いつかわたしにも、登りたくても登れなくなるときが来るはずだから。

50年後くらいかな? 40年後には登ってたいな。


とゆーわけで、高所恐怖症にもかかわらず、ツアーはクーポラに上る人の列のとこで離団。

全部階段で行くか、途中までエレベーターで行くか選べますが、

リッチに(笑)途中までエレベーターでのぼりました!

どうみても60代以上っぽい外国人夫婦が全部階段で行こうとしていて、あっぱれでした。

CIMG1642_convert_20101004194222.jpg

エレベーターでのぼった高さから見上げたクーポラ。

ここにはトイレや売店があり、ジェラートも売ってたりしました。

売店には教皇グッズがいっぱいでしたよ。

そしてクーポラ内部に入ると、

この天井!

CIMG1644_convert_20101004194309.jpg

これを見た瞬間に、あ、ここまでお金出して登った価値があったなーと思いました。

基本節約志向なんですw

ちなみに、下は、こーんな感じ。

CIMG1645_convert_20101004194357.jpg

大聖堂がクロスになってるとこで、まめつぶみたいにいっぱいいるのが人間です。

けっこう高さありますねー。

ここからは階段ですよ。

ここの階段は、ずっと螺旋っていうわけではなくて、直線的な部分もあり、結構のぼりおりしやすかったです。

初心者の方にもお勧めです。

CIMG1646_convert_20101004194428.jpg

幅はこーんな感じで、天井はちょっと低め。

わたしでも頭ぶつけそうなとこありました。

あとは、クーポラの屋根の内部にそって登っていく感じなので、

天井がやたら斜めなとこがありました。

いつもこういうところを登っていると、ここで狭心症発作が起きたらどうなるんだろうと思うわけですが、

どうなるんでしょう。


320段登った先には、

じゃーん。

CIMG1650_convert_20101004194536.jpg

サンピエトロ広場。

全体を眺めることができます。

映画「天使と悪魔」でも何度も登場しました。

コンクラーベのときにみんなが集まってた広場ですね。

そして、ローマ市内を一望できます。

風も気持ち良くて素敵なスポット。

円形の広場の先に一直線に続く通りはイタリアで、バチカン市国ではありません。

どれだけちっちゃな国かっていうことですね。


帰りも同じだけ階段で下りて、エレベーターで大聖堂の中に降ります。

というわけで、大聖堂には並ばずさくっと入れました。



ここは、ぜひ7ユーロ出して登ってみてください♪



おまけ:広場を見下ろす(見守る?)彫刻たち。

背中はちょっぴり手抜きだったりします。

CIMG1654_convert_20101004194618.jpg

バチカン美術館☆後編

2010.10.01.23:48

ひたすら彫刻の並ぶ通路を見た後はタペストリーの間へ。

CIMG1625_convert_20100930181431.jpg

こんな感じで両サイドにひたすらタペストリーが並んでいます。

見る方向によって柄の変わるような織り方をしてるのもあったり。

すごい技術だ。

そして天井にもご注目。

天井は彫刻のように見えますが、これもだまし絵です。

本当に彫られているように見えるんですけど、近くにいってよくよく見ると

あれ??ってなるんですよね。

CIMG1626_convert_20100930181522.jpg

この写真を見ていただければどれだけ混んでいたかがわかっていただけるかと。


次は楽しみにしていた地図の間ー♪

地理大好きなので、地図大好きなんですね。

保育園くらいの頃から、地図いつも見てました。

親に都道府県名と県庁所在地を覚えさせられてたけど、

いつの間にか自主的に世界地図に目が向いてました。

中3のとき、初めて一人で行ったオーストラリアのゴールドコースト。

ここで思っていたより英語が通じて、海外旅行にはまり、今のわたしがいるわけです。

CIMG1635_convert_20100930181702.jpg

地図の間はこんな感じで、当時のイタリアの領土が描かれています。

測量の技術ってすごいですよね

ちなみにこの画像はコルシカ島。

現在はフランス領ですが、当時はイタリアだったんですね。

コルシカ島といえばナポレオン!

フィレンツェのヴェッキオ宮殿にもこうやって地図が並ぶ部屋があったのですが、

ここには世界中のいろんな地域の地図があったんだけど、日本の取り扱いはひどいもんでしたよ。

日本がまだちゃんと日本の形をしてなくて、

マダガスカルを斜めに延ばしたみたいな感じでした。

それはともかく、地図の間の天井はきれいでした。

CIMG1633_convert_20100930181608.jpg

このゴテゴテ感がわたし好きなんです。


そしてラファエロの間へ。

有名すぎますアテネの学堂。

CIMG1639_convert_20100930181835.jpg

この絵のおもしろいとこは、プラトンの顔がレオナルドダヴィンチになってたりすること。

しかしこの部屋も人口密度凄かったですね。


そしてあとはひたすらふっ飛ばし、

システィーナ礼拝堂へ。

このマイバスさんのツアーは、ツアー離団ポイントが3か所ありまして、

システィーナ礼拝堂の中、クーポラ上り口付近、サンピエトロ大聖堂入り口

ってな感じで。

ふっ飛ばしたとこを振り返りたい方は、システィーナ礼拝堂の中で離団するわけです。



システィーナ礼拝堂の写真はありません。

写真撮影禁止なので。

こんなに大きな絵を壁に描くことを考えると、わたしには気が遠くなりそうです。

計算しつくした感じが、すごいなぁと思いました。

でも、地獄をとりしきってる的な人は、ミケランジェロが個人的に嫌いだった人らしいです。

おちゃめですねw

でも個人的には、最後の審判より天井画の方がおもしろくて、

ちょっぴり聖書の物語を読んでみたくなりました。


こうして大混雑のバチカン美術館見学は終了。

次はサンピエトロ大聖堂です。
プロフィール

ひとみ

Author:ひとみ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。